[Win8]タブレット『acer iconia W4-820』を使いこなそう大作戦!その3 小さいアイコン攻略編

さて、前回Windows8タブレット『iconia W4-820』が使いこなせなかった理由の一つ、「ソフトウェアキーボードがデカい」を解決出来たわたくしマユ〜。
@mayuu_ppですが。

残る「アイコンが小さくてタッチし辛い」問題も無事解決したのでご報告します!


まずは、先日買ったタッチペンが届いたのでお試し!↓

タッチペンパッケージ画

持ち運びの図
イヤホンジャックに刺して持ち歩けるのが良い感じ(^.^)

では、肝心のタッチ具合。。。

まず、指でタッチの図↓
指アイコンタッチ
ね?!これもう不可能でしょ!?

そこで、タッチペンの登場!↓
タッチペンアイコンタッチ
。。。

(。。。どうしよう、あんまり変わらない。。。)

イヤ、多少は押しやすい。

先端のゴム(?)が柔らかめなので、手加減を覚えればいい感じになるんじゃないかな?

。。。しかし、もう一声欲しいのは確か。

そこで救世主!

一緒に買ったwin8使いこなし本に載ってた仮想タッチパット『TouchMousePointer』!

win8使いこなし本画

TouchMousePointer タッチパネルをタッチパッド化

これこれ!

タッチパットスクショ

こんな感じで画面の隅に前回のキーボードと一緒に置いておけば、ほとんど手を動かさずに操作できる!便利!!

実際のところ、デスクトップパソコン用のソフトって
「カーソルを合わせる」「左右クリック」「ドラック」の操作をハッキリ使い分けるのが多いので、タッチだとこれが難しい。。。

やっぱりこういうタッチパットかマウスは必要ですね〜。

うん、これで大分使いやすくなりましたヨ!わたしの『iconia W4-820』!

まあ、1番大事なのは、使いやすくなったコレで何をするか?って事ですがw

なにしろ小さくてもパソコンですからね〜。なんでもできるだけに迷っちゃうというか。

とりあえず、ブログ環境など整えてみようかな?

ちなみに使ってるケースはコチラ↓

Posted from するぷろ for iOS.

Follow me!