痛恨のミスが起こったのか?書き込みしまくった本が売られてきた日の事

ちょっと前の話ですが。。。

ネットの古本屋さんで買った本に
バッチリ書き込みがしてあって、
動揺したマユ〜。(@mayuu_pp)です。

だって、普通は買い取りの時に気付くはず。

それが何故か、
査定の目をくぐり抜け、
出荷段階まで行ってしまう。。。

そんな事もあるんですね〜。

古本屋さんも流石に、出荷直前のチェックでは気付いたようで、

「書き込みあるの気付いたけど、もう引き返せないんで送る。だから0円にするよ。ごめん」

的なお知らせが一緒に入ってた(笑

で、始めは
「タダだったらいいか〜」と
軽く考えて、ページを開いて見たら。。。

「○○ちゃんと尊敬しあい、支え合える関係になる」←とか書いてあるし!?

。。。めっちゃプライベートな書き込みじゃん!!

↑(自己啓発系の本で、「自分の抱負を書き出してみよう」みたいな空欄があるヤツだったので、そこにビッシリ書き込んであった^^;) 

なんか、読むのが躊躇われて。

チラっと見ただけで
そのまま本を閉じた。。。

そして、捨てた。

イヤなんか、持ってるのもなんだし!

もし、わたしが書き込みしまくった本が何かの間違いで人手に渡ったりしたら、
やっぱり読まずに捨てて欲しいと思うのよ!

っていうか、古本屋の人に見られるのもヤだよナ(; ̄ー ̄)

。。。だからこそ、なんでこれが古本屋に流れたのか、今だに不思議でならない。

他の本を沢山売る時に、ダンボールに紛れちゃったとか?
↑大量に片付けたりすると、ウッカリ、売るつもりじゃなかった本まで混ざっちゃったりするかも?

捨てたつもりが誰かに拾われて、その誰かが売ったとか?
↑古紙の回収の時にきれいめな本を拾って売る人とかいるみたいだし。

これだけ書いた本を、自分の意思で売るとは思えないんだけどな〜。

(本人のウッカリだったら、マジで痛恨のミスだな。。。)

(しかも「買取不可で処分」という当たり前の道すら辿らず、赤の他人に売られてしまうなんてな〜)

これも何かの、不思議な縁?

まあ、誰か知らないけど安心してね!
2〜3行しか読まなかったからね!

Posted from するぷろ for iOS.

Follow me!