読書感想・過酷すぎる!『位置ゲーの旅に出ました。』東條 さち子 著

位置ゲー、というと、今はGoogleの「INGRESS」が話題ですが。

こちらの本は、元祖・位置ゲー『コロプラ コロニーな生活』にハマった著者の東條さんが、ただただ、スタンプを集めるために、日本を巡る旅をする。。。

というコミックエッセイです。

位置登録のスタンプを求めて、北は北海道から南は沖縄・離島まで。

青春18きっぷとネカフェ泊で格安旅行!

いやほんと、軽い気持ちで読み始めたんですが、この旅路の過酷な事といったら!

まさに、

そこまでする?!

の一言。。。

最初の北海道からして、5時間も次の電車が来ないところにスタンプのためだけに行くんですからね〜。

難所と言われる場所(僻地)では、お店もないから飲まず食わず、野宿よりマシくらいのひどいホテルに泊まったり。。。

あんな所が、まだ日本にもあるのねー^^;

まあ、この東條さんがかなりワイルドな性格で、凄く無茶な周り方をしてるっていうのもあるんですが(笑

まだガラケー全盛の、2010年〜11年の話。

(ていうか、この3年でケータイまわりの事情、ほんと変わったよな)

位置ゲーもコロプラも、カタチは変われど今も変わらず人気があるっていうのも、なんか面白いですね。

今も、日本の何処かで位置登録のために駆け回ってる人がいるんでしょうか。。。

共感できるツワモノは少ないと思いますが、面白かったですよ!

Posted from するぷろ for iOS.

Follow me!