すごいぞGTD!その① 部屋の片づけが好きになっちゃう!

最近、『GTD』の勉強をはじめたマユ〜。(@mayuu_pp)です。

やはりここにたどり着く!書評『はじめてのGTD ストレスフリーの整理術』 デビッド・アレン 著 | マユ~。の読書中心の生活

元は「頭の整理」のために良さそう!と取り入れたんですが、

実際はじめてみると、これが部屋の片づけに大活躍!

何がすごいって、
掃除嫌いだったわたしが、
GTDのおかげですっかり片づけ好きになってしまった!ということ(^-^)

「InBox」という考えのすごさ

GTDの本を読んで、
「早速、この『収集』(すべてをInBoxに集める)というのをやってみよう!」
と思った訳ですが。

とにかく、「気になること全部」、
家中を見て回って集める、というので、
「エ、頭の中だけじゃないの?!」
と、気が進まないながらも、
一応部屋を見回してみたんです。

そして、目に付いたのが
本棚とタンス。

どちらも中身(本と服ね)が入りきらずに周りに積んであったりして。。。

「手を出したら終わり」とばかりにあえて無視してきたんですが(笑

まあ、『収集』の作業は、
わたしの場合、アプリ(OmniFocus)に書いておくだけなんで、
それくらいならまあ、やっておこう、と思って「InBox」に書いておいたんです。

「本棚を片づけ」
「服の整理」
と。

この、「集めるだけ」「すぐどうこうするわけじゃない」という
手始めのハードルの低さが、この方式の最大のすばらしさですよね〜!

初めの一歩とゴールを決める

。。。しかし、「InBox」に書いたからには、次の「処理」「整理」もやならい訳にいかなくなるんですよねー。

(といっても、まだこの段階で「実際の片づけ」をはじめる訳じゃないので気楽ですねw)

それで、しぶしぶ次のアクション・初めの一歩を考えてみることに。

「本棚を片づけ」
→いらない本を捨てる

「服の整理」
→チェストを買う

本があふれてるのは、
明らかにもう読まない本が入っているからだし、

服がタンスに収まらないのは、
収納が足りないからだと前から分かっていたので、こう書いた訳ですが。。。

これだと、まだGTD的には大ざっぱすぎる!

本当の「初めの一歩」は?
と考えていくと。。。

「本棚を片づけ」
→いらない本をしまうダンボールを用意する。

「服の整理」
→置き場所を決めてサイズを測る。

と、なる!

この、本当の「初めの一歩」を考える、というのは、
作業の詳細なシミュレーションをする、ということにつながるんですよね。

まずは本棚から、と決めたので、
前に片づけた時のことを思い出してみると。。。

「この本は捨てようか?売ろうか?」
「捨てるにしても、資源ゴミの日までどこに置こう?」
と、本を手にするたびに迷いが出て、
時間がかかる割には
「売るつもり」「捨てるつもり」
の本が周りに積まれただけで終わる。

という、残念なパターンを発見したので、
まずは
「捨てる本用」「売る本用」
二つのダンボールを用意しておこう!と思ったわけです。

「保留」という選択肢のすごさ

さらに、毎回迷うのが
「子供の頃大好きで、繰り返し読んでた漫画」
の処遇。

読み返すことはないだろうと思いつつ、捨てるのは忍びない。。。

なので、今回は初めから「保留」と
決めて、保存用の箱も買っておいた!

この「保留」っていうのがまた秀逸で。

「後で改めて考える」というラベルを貼れるだけで、手を止めずにどんどん進められるんですよ!

そんなわけで、今回の片づけは
「売る」「捨てる」「保留」の
三つの箱に、どんどん読まない本を入れていくだけになったので、迷いがない!

その結果、毎回3時間以上はかかる本棚整理が半分の時間で終わったんですよ!

まさかの「楽しくなる」効果!

そうして、本棚整理がひと段落してみると。。。

なに?
このすがすがしい気分は?!

今までは、なんとか片づけても
「二度とやりたくない!」
という気持ちで終わってたのに。。。

やっぱり、今回はしっかりシミュレーションしてからはじめたので、途中で途方に暮れることもなく(笑
「自分でコントロールできた!」
という感覚が味わえたのがよかった気がするんですよ。

GTDの本に、片づけのような細事でも、正しい手順で行えれば自尊心が高まる、というような事が書いてあったけど、

まさにこれは、
「自信が少し回復した」
という感じ!

この気分の良さは、最近味わってなかったわ〜!!

まとめ

そんなわけで、
次はタンスだ!と早速サイズに合った良さそうなチェストを注文したり、

『机の引き出しの整理』も
『コスメboxの整理』も
新たに「InBox」に書き込み、

今度の休みはどこを片づけようか?と楽しく計画立てたりしているわたし。

以前は「断捨離ブーム」と聞いても
「掃除がブームなんて、世の中どうかしてる」と引いていたのが(笑
今ならなぜ流行ったのかよく分かる!

いや〜、人間変われば変わるもんですね。

自分でもビックリですが、周りで見ている家族は驚きを通り越して不気味がっている様子(^。^;)

でも、これは一時のマイブームで終わらないように、コツコツ続けていこうと思ってます!

Posted from するぷろ for iOS.

Follow me!