『ナリワイをつくる』 伊藤 様志 著 を読んで、決めたこと

「新しい働き方」について模索中の
マユ〜。(@mayuu_pp)です。

そんな人にお勧め、というこの本、
『ナリワイをつくる』を読んでみて、
ハッとしたのがこの一文。

ーー「いっぽう、ランニングコストのためのいわゆる「ライスワーク」で稼いで、理想の仕事を「ライフワーク」で行うというのは、一見現実的に見えるが、それは甘い。ライスワークも仕事のうちだから、自分の感覚に染み付く。その影響は大きい。」。。。

ドキっ!!

ーー「ライスワークだとたかをくくってやっている感覚が染み付いて、自分の理想の仕事をする感覚を鈍らせる。普段の生活の影響を侮ってはいけない。」

。。。(゚o゚;) 確かにそうだわ!と。

現在、ほぼ毎日12時間労働。
工場勤務の肉体労働なので、帰ってからはグッタリ。。。

しかも、もう反射神経だけで出来る作業の繰り返しなので、頭を使う機会もなく、惰性でなんとか乗り切ってる感じ。。。

そういう生活から抜け出したい!と思いつつも、
日常にすっかり浸ってしまっていると、なかなか具体的な手を打てないんですよねぇ。。。

もうちょっと頭を働かせるためには、とにかくこの「ライスワーク」の時間を減らさないことには始まらない!

少し体を休めて、自分の今後の事を静かに考える時間がほしい!

と言っても、いきなり会社を辞めるわけにもいかないし。。。

そこで、思い出したのが
そう、有給休暇!

イヤ、なぜ今まで気付かないのか?と言われそうだけどww

ウチの工場に限らないと思いますけど、ギリギリの人数でやってるんで、上司というより同僚に気を遣って、なかなか取り辛いんですよねぇ。。。

でも、もうそんなことは言ってられない!
自分の人生を賭けてまで気を遣っちゃいられないわ!!

と、言うわけで。
親の葬式でもないともらえない、と
もっぱらの噂でw
20日間も貯まってる有給休暇を
思い切って申請するつもり。

もう、申請書も貰ってきたし!

一気に取るより、毎月少しずつ取って、月の勤務日数が15日くらいになるようにしたいな〜、と。

もちろん、せっかく休んでも、ダラダラしてたり遊んでたら意味がないので、ちゃんと「新しい働き方」に繋げられるような努力をするつもり。

まー、さすがに明日から、とはいかないので、来月からですが。

予算も組んで、セミナーとかも行ってみようか、とか、計画を立て始めたら、なんか元気が出てきた!

なんとかして、「自分の人生を取り戻す」ために行動していきたいと思います!

Posted from するぷろ for iOS.

Follow me!

『ナリワイをつくる』 伊藤 様志 著 を読んで、決めたこと” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。