片付けは、やっぱり奥が深い!『ダメな自分を認めたら部屋がキレイになりました』わたなべぽん 著 感想

今年に入ってから、突如「片付け」に目覚めたマユ〜。(@mayuu_pp)です。

「片づけの魔法」は本当だった!①片づけで自分を見つめ直した話 | マユ~。の読書中心の生活

このまんがは
「人生が変わる!実録お片付けコミックエッセイ」
というキャッチフレーズにグッときて、
読んでみました。

ホントにね、
「片付け」を進めていくと、
人生変わってくるのを感じてますからね、わたしも!

著者のわたなべぽんさんは、
ダイエットを達成した時のエッセイが有名ですね。

このダイエットの当時、
かなりの「汚部屋」に住んでいたというわたなべさん。
友達とカラオケに行ったときに、
ナント服に付いてたホコリが発光して見えてしまう(!)という怪現象に見舞われ、
さすがに掃除を決意。

「使うか分からないけど持ってるだけで安心するもの」
(でも結局は使わないもの)
を捨てる、

「なぜ、自分は『使わないもの』を持っていることで安心するのか?」
と、自分の心を見つめ直す、

という過程を経て。。。
無事に「汚部屋」状態を脱出!

この心境の変化が、
実際の「片付け」の手順とともに
細やかに描かれていて、
既に片付けを終えた人には共感を、
これからやろうかな?という人には
実用的なヒントを与えてくれます!

「部屋が極端に散らかっている」
というだけのことでも、
本当に人それぞれの事情・理由があるんだなぁ。。。と。

そして、部屋がきれいになっていくごとに、
どんどん片付けが楽しくなっていく様子とか、もう共感しすぎる!!
(見渡して、ウットリしちゃうのよね!)

かわいい絵で、ユーモアに包んだエッセイなので楽しく読めるんですが、
そこに込められた内容は
かなり深いです!

片付けに取り組み中の人も、
もう終わった人・まだはじめてない人にも!

「片付け」という言葉が気になる人全てにオススメですよ!

Posted from するぷろ for iOS.

Follow me!