頭痛に優しい生活ーー目より声にシフト!

最近、頭痛がひどい
マユ〜。(@mayuu_pp)です。

以前から頭痛持ちではあったんですが。
頻度が増えた上に
痛みもひどくなってきてる!
(頭痛薬を飲めば良くなるので
悪い病気ではないと思うんですが。。。)

そうすると何が困るって、
趣味の活動が一切できなくなっちゃう(T-T)

最近は本を読むのもスマホ、
ブログを書くのもスマホ。

買い物するのも、
何か調べるのもスマホ。

特に、この頃読書量をぐっと増やしていて、
そのすべてが電子書籍。。。

それが全部できなくなっちゃう!

。。。というか、
これはどう考えても、
頭痛の原因も「目の使い過ぎ」に
違いない!

と、
こうして追い詰められて
思い出したんですが。

スマホには、
目を使わずに文章を
読んだり書いたりできる
凄い機能が付いているんですよね!

音声入力イメージ

というわけで、
すっかり放置していたiPhoneの
「音声」機能を試してみようかと。

まずは「音声入力」。

今までは、ブログを書くときに
たどたどしいフリック入力で、
変換や打ち間違いをじーっと
確認しながら入力するので、
すごく目が疲れていたんですよね。

これを「音声入力」でやれば
ほとんど目を使わずに書いていけるし、
最後の推敲だけよく読めばいいから
格段に楽になるはず!

しかも使い方も簡単!

iPhone標準キーボードの
マイクのマークをタップすれば、
即、音声入力を始められます。

試しにこの記事も
iPhoneの音声入力で書いてみましたが。。。

すごいですね!
ほとんど誤入力がありませんよ。

昔はこーゆーのって
大きな声でハキハキ言わないと
機能しなかったものですが。

今はすごく小声で、
ぼそぼそ話しても大丈夫!

こういう感じだったら、
アパートの壁が薄くても、
隣の部屋に家族がいても全然大丈夫ですw

これ充分、実用に耐えますよ!

そして残るは、本の読み方ですが。

これもiPhoneの
「読み上げ機能」を使えば
結構いけますね。

こちらのブログがわかりやすいです↓
Kindle本をiPad・iPhone上で音声読み上げ(オーディオブック化)する方法

Amazonのkindleなら、
このiPhone標準の読み上げ機能に
対応しているので、
オーディオブックを買わなくても
本を耳から聞けるようになります!

(画面の「外」から、
縦に並べた2本指で下にスワイプするのがコツ!)

これも今回初めて使ってみましたが、
思った以上に普通に読んでくれて、
しっかり頭に入りますね。

多少、漢字の読み方がおかしい時がありますが。
ちょっと画面に目を戻せば理解できるので、それほど問題は無いです。

しかもこれ、
GmailやFeedly、Safariにも対応しているので、スマホで目を使う機会がかなり減らせます!

これは本当、頭痛の時に助かりますよ〜。

こんな事でもないと、
なかなか新しい機能を
使ってみようと思わないんですが。

目を休ませるのは
現代人に共通の課題ですからね。

「音声機能」を使いこなせるように
しておけば、
頭痛に優しい、目にも優しい生活が
できますよ。

それにもやっぱり、
スマートフォンは便利ですね〜!

これで少しやってみようかと思ってます。

Posted from するぷろ for iOS.

Follow me!