「読書メモ」にこそ、音声入力がおすすめ!

最近、iPhoneの「音声入力」機能に
ハマっているマユ〜。(@mayuu_pp)です。

予想外に高性能で、
わたしの小声でもバッチリ聞き取って、
思い通りの変換をしてくれるので
お気に入りなんですが。

コレ、特に
「読書メモ」を作るときに
大活躍!だって、知ってましたか?

音声入力イメージ

「読書メモ」は、
せっかく読んだビジネス書などで得たヒントを忘れないように
作っている人が多いと思いますが。
けっこう面倒なんですよね(笑

ほとんどの場合、
本の内容を書き写す
「引用」をすると思うんですが。。。

これが、
キーボード入力でもフリック入力でも、
はたまた手書きでも、
時間がかかる!

それが一番のネックだと思うんです。

そこで!
音声入力ですよ!

音声入力なら、
ナント本を読み上げるだけで
内容を入力できる!

録音するわけじゃなく、
テキストになっちゃうんだから
すごいですよ。

これは、一度やったらクセになりますよ!
「読書メモ」作りがはかどるはかどる!

それに、声に出して読み上げる
「音読」は、
内容を記憶するのにも一役買うので
まさに一石二鳥!

iPhoneの音声入力は、
標準キーボードの
マイクのマークをタップすれば
すぐ使えて、
どんなアプリでも入力可能です。

iPhone音声入力マイクはここ画像

ちなみにわたしは
『WorkFlowy』に入力してます。

WorkFlowy

無料
(2016.04.24時点)
posted with ポチレバ

『WorkFlowy』は、
後から行単位で順序を入れ替えたり
階層を作れたりするので、
読書メモをまとめるのにも
いい感じです!

これなら、本を読みながらでも
サクッとできるし
(書き写す間、頑張って本を開いておく必要もないし!)

線を引いておいて
後でまとめて入力する場合でも、
読むだけなら本当に速い!

そして、やってみると
わかってもらえると思いますが、
めちゃくちゃ精度が高いんです!

コツは、単語で区切らず
一文を続けて自然に読むこと。

そうしたほうが、文脈を理解して
適切な漢字にしてくれるんですよ!

だから、
一部違う言葉が入力されちゃった、と思っても、
気にせず読み続けると後から直ったりする。

ほんとすごいんです!

近々、あの野口 悠紀雄さんも、
音声入力で書き上げたという
本を発売予定だそうですよ!

まだ使ったことがない人も、
まずは「読書メモ」から
取り入れてみてはいかがでしょうか?

Posted from するぷろ for iOS.

Follow me!