わたしの思う、『Kindle Unlimited』が向いてる人、向いてない人

画期的過ぎて、
もはや物議を醸す存在となっている
Amazonの書籍読み放題サービス
『Kindle Unlimited』。

断然肯定派のわたくし
マユ〜。(@mayuu_pp)ですが、

他の意見をいろいろ見てきて、
やっぱり向き不向き
というのがあるよなーと
分かってきてので、
わたしなりにまとめてみました。

KindleUnlimitedアイキャッチ

Amazon 『Kindle Unlimited』

Amazonの読み放題サービス『Kindle unlimited』をチェックしたら、好みにピッタリだった!

結論から言って、
向いているのは

・「損益分岐点」に敏感な人
・読書経験が浅い人

かなー?と。

損益分岐点に敏感

まず、
「月に980円で読み放題」
というシステムを活かすには、
980円以上の本を読まないと
損する訳です。

逆に、読めば読むほど
得したことになる。

自分の行動次第で
お得度が上がっていく訳ですね。

こういう事に喜べる
タイプかどうか?が
問題。

趣味、もしくは思想の問題ですが、
わたしなんかは明らかに
喜べるタイプw

「980円でこんなにいろいろ読めたわー!」

という充実感が
読書の喜びを増やしてくれる
気さえします。

しかし、一方では

「それなりのお金を払ったものでないと、価値を見出せずに放置になる」

「元を取ろう、というような考え方はケチくさくてイヤ」

という感性の人もいるんですよね。

まあ、そういう人には明らかに向かないサービスでしょう。

読書経験が浅い

そして、こういうシステムだと、
どうしても本のラインナップに
偏りが出ますよね。

結局は
「出版社が出してもいい」
と判断した本だけしか並ばない、ということになるので、

既にかなりの読書家だと
絶対物足りない感じになる。

自分の好みがハッキリしている、
新刊を追いたい、
という人にはまあ向いてないでしょう。

でも、わたしのように
まだまだ未読の過去作があり、
本選びも手探り状態という人間には
ピッタリですよね。

読書もとにかく「数」を
こなさないといけない時期が
あると思うので、
最近読書に目覚めたわたしは
もちろん、
学生さんなんかには
絶対オススメですよね〜。

読書初心者にこそ
向いてるサービスだと
思います。

まとめ

と、こんな感じで。

まあ、著者・出版社サイドの
利益がちゃんと守られるのかどうか?
とか、
気になる点は他にもありますが。。。

図書館や中古本市場も
いろいろありつつ共存してきた
訳ですから、なんとか折り合いも
つけられるんじゃないでしょうかね?

とにかく
「読まない」というのが
本の未来にとっては
一番マズいと思うので、
こういう読書のハードルを下げる
試みは良いと思いますよ。

今後どういう展開になるのか
期待しつつ、利用していきたいと
思ってます!

Posted from するぷろ for iOS.

Follow me!