まことの大家を読みなさい。『読書について』ショーペンハウアー 著 書評

読書術に目がないマユ〜。(@mayuu_pp)です。

これは「読書術」とはちょっと違いますが、
読書つながり(?)で読んでみました。

ドイツの哲学者、ショーペンハウアーの
主著『意志と表象としての世界』の注釈
『余録と補遺』に収録されている
小論文だそうです。
(もはや何が何だかw)

「読書について」というタイトルですが、
「考える」事について、がメインテーマという感じです。

「考える」とはどういうことか、
考える材料としての「読書」、
そして考えた結果としての
「書くこと」について、という
三編からなっています。

自分で考える

人類の進歩をうながす人とは、世界という書物を直接読破した人のことだ。

ショーペンハウアーは、
本を読んで得た知識をそのまま溜め込むのは無意味だと言います。

自分自身の「思想」が出来てなければ、
あらゆる知識は素通りするだけだと。

読書と同じように、単なる経験も思索の代わりにはなれない。

そして、自分の人生から得たものでも、
しっかり咀嚼して、「思想」にまで高めなければ、やはり何も残せないと。

知識や経験を「情報」のまま取って置いてもしょうがない。
そこから、なにがしかの「真理」を見つける努力をしてこそ、「思索」なんだ、
というのは納得です。

まあ、難しいですけどね〜(^。^;)

著述と文体について

考え抜かれた明快な思想は、ふさわしい表現をたやすく見つける。

ショーペンハウアーは
勿体ぶって、回りくどい文章を書くのは、
そもそも思考がまとまってないか
内容が無いことを誤魔化すためだと断言しています。

本当に伝えたいことがある書き手ならば、
明快に書かずにいられないはず!

本人が持っている以上の精神性を見せようとする悪あがきこそ、物書きがもっとも慎むべきものだ。

手厳しい!
つい格好つけてしまうのが人間というものですが、「人格」を誤魔化すのはやっぱり無理があるもので。。。

でも、たとえ賢い人間でなくても
実際に考えたことを、考えた通りにそのまま伝えようとすれば、
読むに堪える本が書けるだろう、と。

この章では、
当時のドイツの文壇を痛烈に批判してるんですが、現代日本にも通じる所が多くて
耳が痛い(笑

読書について

読書しているとき、私たちの頭は他人の思想が駆けめぐる運動場にすぎない。

ショーペンハウアーは、
考えることから逃げて「読書」をしては
いけない、ということを繰り返し言っています。

読書によって他人の考えを
絶えず頭の中に走らせていると、
自分で考える力が失われていく、と。

自分の思想を持つことを目的に、
読んだ本の内容をしっかり消化していかなければいけないということでしょうか。

良書を読むための条件は、悪書を読まないことだ。

そして、どうせ読むなら「本物」の名著、
偉大な人物の作品を読むことに時間を割くべき!とも。

これは、わたしもだんだん気づいてきた
所でした。。。

つい読みやすい、最新刊に手が伸びてしまうんですが、
その大元の思想が書かれた
「名著」っていうのは、
一つだったりするんですよね〜。

まとめ

わたしは哲学のことは全く知らないので、
ショーペンハウアーのことも初めて知った
くらいなものなんですがw

ワーグナーやニーチェ、トルストイなどに
強い影響を与えた凄い人だそうです。

激情家だったようで、
ドイツ語の乱れについて口を極めて罵っているあたりは、いかにも厳しい学者先生という
感じ。

でも
「怒りのない人間は、知力もない。」
という言葉にはハッとさせられました。

やっぱり事なかれ主義では
頭を使うことも出来ないのかな〜?と。

あちこちに含蓄のある言葉がちりばめられていて、これは何度も読み返さないと理解できない本ですね。

これからはわたしも、
こういう「偉大な人物」の本を
読んでいきたいですね。

『Kindle Unlimited』で読めるしね
(*´艸`*)

via PressSync

Follow me!