電子書籍から簡単に引用テキストを取り出す方法ーアプリ『Office Lens』のOCR機能を使うー

最近また、「読書メモ」の書き方を
一新したマユ〜。(@mayuu_pp)です。

ちょっと前まで「音声入力」を使うのが良い!と思ってたんですが。。。

今回、もっと楽にできる方法を発見しました!

それが、画像からテキストを取り出す
「OCRアプリ」を使う方法。

OCRで読書メモアイキャッチ

マイクロソフトの『Office Lens』と
『Word』アプリを使います。
(Officeかマイクロソフトのアカウントが必要です。マイクロソフトのは無料で簡単に取れるのでオススメ)

Microsoft アカウント登録手続き|Microsoft アカウント

Office Lens

無料
(2016.08.25時点)
posted with ポチレバ

『Office Lens』は
名刺などの写真を撮るだけで、
画像のテキスト部分を読み取って
テキストデータ化してくれるアプリ。

無料なのに凄い精度ですよ!

メモの準備

まずは、電子書籍を読みながら
引用したい所に線を引きます。

Kindleスクショ1
↑Kindleアプリのスクショ。

全部読み終わったら
メニューから線を引いた部分の
一覧表示をして、
スクリーンショットを撮ります。

Kindleスクショ2

Kindleスクショ3

スクロールしながら全部を撮って、
準備完了です!

『Office Lens』の使い方

『Office Lens』を起動!

Office Lensスクショ1
↑はじめはカメラが起動してますが、
左上のメニューから
「インポート」を選びます。

そこからさっきの本のスクリーンショットを選択。

Office Lensスクショ2

左下の「+1」から
画像を追加できるので、
1冊分読み込んでしまいます↓
Office Lensスクショ3

右上の「すべて保存」で、
Word形式を選びます。
Office Lensスクショ3

決定すると、
マイクロソフトのサーバーにアップロードして、サーバー上で変換が行われるみたいです。

Office Lensスクショ4

できたファイルを
『Word』アプリで開きます。

Microsoft Word

無料
(2016.08.25時点)
posted with ポチレバ

OfficeWordスクショ1
↑ホラ!テキストになってます!

レイアウトも再現されてて
さすが!

OfficeWordスクショ2
これでもう、書籍の引用テキストを
コピーして使えます。

iPhoneノートアプリスクショ
↑わたしは最近、
iPhoneの「メモ」アプリに
読書メモを作ってるので、
そちらにコピペしたところ。

これなら、ブログなどに引用テキストを入れるのも簡単です!

まとめ

いや〜、最近のアプリは
凄いですね!

今回使ったのはKindleアプリですが、
だいたいどの電子書籍サービスでも
アンダーラインを引いて、その一覧表示をする機能はあると思うので、
同じ方法を使えると思います。

アンダーラインの所に
自分の感想を書き込んだりすれば、
それも一緒に残せるし!

本文の「引用」を使って
読書メモを作りたい人に
オススメですよ!

Posted from するぷろ for iOS.

Follow me!