やりたいことはすべてやろう!『ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすことにある。』 マイク・マクマナス 著 書評

家から出ないで済むことに関しては
フットワークが軽い
マユ〜。(@mayuu_pp)です。

普段からやりたいことはかなりやってる
わたしですが、
まだまだだな、と思ったのが
この一冊。

「自分のワクワクを「すべて」大切にする事こそ、人間が生まれてきた意義である」

という力強いメッセージで、
1999年からのベストセラーですよ!

この本では、
とにかく自分の「ワクワク」することを
「すべて」見つけて実行する、というのが
テーマ。

誰でも、好きなことの一つや二つは
やってるでしょうが、
「すべて」というのがポイント!

さらにそこから、
自分らしい生き方・天職まで見つけられるという、
この本のプログラムを紹介してみたいと思いますよ!

ワクワクに努力はいらない

自分が「ワクワク」することを見つける前に、
気をつけなければいけない事がいくつかあります。

それが「世間の常識」といわれる
「8つのウソ」。

①責任感のウソ
②ヤル気のウソ
③能力のウソ
④上手のウソ
⑤決断のウソ
⑥妥協のウソ
⑦優先順位のウソ
⑧現実的になれというウソ

「好きなことばかりしていたら、社会的な責任を果たせなくなる」
「決断は素早く、大事なことから優先的に行う」
「自分が得意なことをするべき」

というような、
一般的な社会通念にとらわれていると
なかなか自分の
「本当にやりたいこと(ワクワク)」を
見つけたり、実行することができなくなってしまう。

逆に、
・ワクワクすることなら「才能」がある必要はない
とか、
・やりたいことに優先順位をつける必要はない、全部やろう!
など、
ちょっと常識外れのことをやってこそ、
自分らしい生き方ができる!

『人が取るべき責任ある行動はただひとつ。
自分が心からしたいことをすることである。』
ーー本文引用

そうすれば、
自ずと人に優しくなれるし、
結局は社会の役に立てる!

ワクワクを「すべて」実行しよう

そして大事なのが、
「ワクワクすることをすべてやる」
こと!

一番可能性がありそうなものに集中する、というのが普通のやり方ですが、
たとえ小さな「ワクワク」でも
無視してしまうと自分の中のバランスが取れなくなってしまうそうです。

これが何の役にたつか?とか、
自分には素質がない、とかを
一切考えず、とにかく少しでもやってみる。

すべてに「同じ情熱」をかけて
大事にしていくと、
いずれすべてが自分の中で統合されて
「自分らしい人生」の道が開けてくる。

ただ、「同じ情熱」といっても
「同じ時間、お金」をかける、という
意味ではないそうで、
(まあ、それは無理ですからね〜)
たとえ短い時間でも、集中してやろう
ということですね。

ワクワクで貢献しよう

そうして、自分の「ワクワク」を大切にして
バランス良く実行していれば、
これをいかして「人に貢献できる」道も
自然と見つかっていくそうです。

その結果、
「好きな事を仕事にする」
という夢も叶えられると。

ただ、そのためには
「収入につながるのに時間がかかる」
「ひとつの形にこだわらない」
ということも分かっておかないといけない。

例えば、野球が好きだからといって
みんなが野球選手になれるわけではないですよね。

でも、「プロの野球選手」以外にも
「野球の喜び」を感じられる仕事はあるはず。

これは「妥協する」ということではなく、
「ワクワクの本質をつかむ」
ということ。

自分は野球のどんなところが好きなのか?
ということを、しっかり分析すれば、
「プロとしてプレーする」以外の道のほうが
楽しい場合も多いんですよね。

このあたりの手順は、
ぜひ本書を読んで確認してみてほしいです。

『好きなことのわまりをうろつく』
ーー引用

というのが、第一歩です!

まとめ

と、こんな感じで。

『ワクワクはあなたの「個性の指紋」です。』
ーー引用

好きなことを「すべて」統合すると、
他には無い個性が完成する。

それこそがその人の「存在意義」なんだと。

興味を持ったことにはすぐ手を出すわたしは
すごく勇気づけられました!

でも、まだまだ
やりたいこと「すべて」をできてる訳ではないので、この本のプログラムを参考にして
まだやってない「ワクワク」もしっかり
発見していきたいと思いますよ!

やりたいことがあるけど
なかなか時間がとれない、とか

特に趣味がない、という人に
ぜひ読んでみてほしいです!

Posted from するぷろ for iOS.

Follow me!