疲労と肺活量って関係ある?

最近、疲労回復に熱心な
マユ〜。(@mayuu_pp)です。

特に、疲労の原因が「脳」にあると聞いてから、
脳の疲労に効くものをいろいろ試しているんです。

脳だったの?!『すべての疲労は脳が原因』梶本修身 著 書評

瞑想スゴイ!『疲れない脳をつくる生活習慣』石川善樹 著 書評

何より効くのが
「マインドフルネス(瞑想)」
だというんで、さっそくやってみてるんですが。。。

ナント、上手く息が吸えない!?

瞑想の基本は「呼吸」なので、
深く息を吸って、吐く、
ということができないといけないんですが。

すごくがんばっても、
深く息が吸えない!

まずは、息をすっかり吐きだすと
自然と深く吸い込める、と聞いて
やってみるんですが。。。
もー苦しくて!

なんでかなー?と考えると、
これは単純に「肺活量」が足りないんではないかと。

わたしは昔、体力測定をやってた時代から肺活量低かったんですよね。

そこからなんの努力もせずに
歳をとって、
相当衰えてると思われるw

結局、呼吸って「肺」ですもんね。

もしかすると、わたしが疲れやすいのは
こっちが根本的な原因かも?!

うーん、これはやっぱり、
大嫌いな運動をするしかないのか。。。

瞑想を頑張って続けたら
ちょっとは良くなるかな??

Posted from するぷろ for iOS.

Follow me!