大きな声より「届く」声!『内向型人間が声と話し方でソンしない本』 齋藤 匡章 著 書評

最近、カラオケにハマったのがきっかけで
「発声法」に興味が出てきた
マユ〜。(@mayuu_pp)
です。

わたしは声が小さいのが悩みですが
「声が大きい人」もニガテなので、
無闇に声量を増やしたい訳じゃないんですよね。

その点、この本は
「内向型人間が」と銘打つだけあって、
その辺りの微妙な心理をくみ取って
「大きな声を出さなくても、届く声」
がテーマ!

グッときましたよ。

内向型人間が声で〜写真

「通る声」より「届く声」

では、声量を上げなくても「届く声」とはどんなものか?というと、

「人が聴き取りやすい周波数の声」
ということ。

人の声というのは、
声帯から発生した音を
口内で「共鳴」させることで作られるので、

その「共鳴」のさせ方を学ぶことで、
声の周波数をコントロールできるようになるんだそう。

それによって、
「ちゃんと目指す相手に届く声」が
出せるようになる!

その方法というのが、
本書で紹介されている
「共鳴発声法」なんです。

「共鳴発声法」とは?

その気になる「共鳴発声法」、
詳しいトレーニング方法は
本書を読んでもらうとして、
概要を紹介すると。。。

①喉あけ
②支え
③共鳴

の三つの要素を鍛える、というもの。

まず、①の「喉あけ」。

発声法の話にはよく出てきますね、
「喉が詰まっている声」とか。

でも喉というのは
「詰まっている」のが本来の状態だそうで、
毎日「喉をあける」トレーニングをする必要があるんだそうです。

そして②の「支え」とは、
声を支える「呼吸」のこと。

具体的には、横隔膜をしっかり使って
安定した呼吸ができるようにする訓練。

それができないと、安定した声も出ないんですね。

最後の③「共鳴」が
一番大事なところですが、
これは口の中での「声の響かせ方」のこと。

ただ大きく口をあければいい、というのでなく、
口の中でどう声を扱うか?というのを学ぶんですね。

こうして書くと何とも難しそうですが、
特別な道具も必要なく、
一人でもコツコツできそうなトレーニングばかりなので大丈夫です。

まとめ

。。。と、こんな感じで。

大事なポイントだけまとめられてるので読みやすく、
レッスンの音声データをダウンロードできるQRコードも付いているので、
すぐに始められるのもいいですね。

他にも、この本には
タイトルにもあるように
「内向型人間」が声でソンをすることについても詳しく書いてあり、

「いちいち、話したことを聞き返される」
というのは、些細なことのようで
じわじわと人間の自信を奪っていくんだ、
という話には深く納得!

確かに、
「もう一度言い直すのが面倒」
というだけでない、何かがあるんですよね。

よく聞き返される、
暗い印象を与えてしまう、など、
声に自信がない人におすすめ
o(^o^)o

そしてもちろん、
わたしの本来の目的wである
カラオケにも生かせそうな
トレーニングだったので、
早速やってみますよー!

Posted from するぷろ for iOS.

Follow me!