大事なのは、動機づけ

最近、カラオケが上手くなりたくて
発声法の本を読んだんですが。

大きな声より「届く」声!『内向型人間が声と話し方でソンしない本』 齋藤 匡章 著 書評 | マユ~。の読書中心の生活

これのトレーニング方法を試してみたら、
確かに変わってきたんですよ!

一番大事なのが
「喉をあける」
事らしいんですが、

本に載ってる方法を見よう見真似でやってると、
「おお!?」
っと自分で驚くほど
「響く」声がでる時があって、
やっぱり、訓練次第なんだな〜と
感動してます。

ただ、その「喉をあけた」状態で
声を出そうと思うと、
かなり腹筋を使うんですよね。

腹筋というか、その奥のインナーマッスルというやつ。

わたしは全く運動してないんで
筋肉が足りないらしく、全然声が続かない!

これは何とか、インナーマッスルを鍛えないと。。。と思ったとき。

部屋の隅に転がっている
「バランスボール」
の存在に気づいた(笑

そういえば、1年前くらいに
インナーマッスルを鍛えると
とにかく体に良いらしい」
と聞いて、これを買ったんですよね。

座るだけで鍛えられるなら、続くだろうと
思ったんですけど、
この「座るだけで」が面倒になって
すぐ忘れちゃってた。。。

でも今は、
これで「発声」が良くなるなら、と
早速座るように。

やっぱり、こういうのって
「動機づけ」がないと続かないんですね〜。

勉強でもダイエットでもそうですが、
インナーマッスルを鍛える」
は、目標でなく「手段」にしないと
ダメだったんですよ

「鍛えて、何がしたいのか?」という目標が
ハッキリしていれば、
頑張れるんですよね!

この調子で、
しっかりした声で一曲歌い切れるように
鍛えていきたいと思ってますよ!

Follow me!