自己啓発とは、自分の親になることと同じみたい

わたしは子供の頃から、
「自分は周りの人間より劣っている」という感覚を持っていました。

何で他の子と同じようにできないのか?と
自分でも不思議だったんですよね。

常に心のどこかで、
「『普通』なら、これくらい出来るはず」
と自分に期待して、
出来ないと責める、
ということを繰り返していたような気がする。

でもこれって、
「子供をダメにする親」
と同じだな、と
最近気がついたんですよ。

そんなに高い基準を求めてなくても、
子供の個性を無視して
何事にも「普通(平均以上)」を
求める、というのは
悪い影響しか与えない。

子供に苦手な分野があることをまず認めて、
そこは平均以下の出来でも
なんとかやっていけるように
一緒に作戦を考えてあげないといけないんですよね。

それを、自分にもやってあげようじゃないかと。

結局、「自己啓発」というのは、
自分が自分の親になって
自分を教育するってことなんですよね。

叱るだけじゃダメ。
甘やかしても期待しすぎてもダメ。

難しいですが、本当の子育てよりは
「自分」の方がまだカンタンかな?(笑

Follow me!