2017年2・3月に読んだ本6冊と、感想まとめ

わたしマユ〜。(@mayuu_pp)が、
前の月に読んだ本の振り返りをする
このシリーズ。

最近はすっかり読書数が減ってしまったので(^^;)
隔月で良いかな、と。

そんな訳で、2カ月分のまとめを
お送りします。

2017,02,03読書まとめイメージ

2017年2月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1124ページ
ナイス数:22ナイス

摩天楼の怪人 (創元推理文庫)摩天楼の怪人 (創元推理文庫)
読了日:2月10日 著者:島田荘司


【団塊世代プロジェクト】今日からシナリオを書くという生き方【団塊世代プロジェクト】今日からシナリオを書くという生き方感想
シナリオを書くことで、思いやりが生まれる、というのは面白いですね。確かに「俯瞰の視点」を身につけるのに役に立ちそう。
読了日:2月18日 著者:小林幸恵


内向型人間が声と話し方でソンしない本内向型人間が声と話し方でソンしない本感想
まさに、わたしが知りたかった「声」についての知識が得られたので、読んで良かった!トレーニングもやってみようと思う。
読了日:2月28日 著者:齋藤匡章


2017年3月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:992ページ
ナイス数:34ナイス

狩人の悪夢狩人の悪夢感想
引退をほのめかす人気作家の身辺で起こる殺人、という所に、火村・アリスコンビの1作目「46番目の密室」を思い出した。もうシリーズ25周年とか!
読了日:3月4日 著者:有栖川有栖


1週間で効果実感! 声を出さずに歌が上達する ボイストレーニング341週間で効果実感! 声を出さずに歌が上達する ボイストレーニング34感想
まず、声をだす前に体を整える、というコンセプトが説得力あります。悩み別にトレーニング方法が載っているのもわかりやすい。
読了日:3月17日 著者:山田容子


いつも「時間がない」あなたに:欠乏の行動経済学いつも「時間がない」あなたに:欠乏の行動経済学感想
「欠乏」こそが人を愚かにする、という説に納得!やっぱり脳の処理能力がすべてのカギなんだな〜。
読了日:3月23日 著者:センディル・ムッライナタン,エルダー・シャフィール



読書メーター

2月のイチオシは、
『内向型人間が声と話し方でソンしない本』ですね!

大きな声より「届く」声!『内向型人間が声と話し方でソンしない本』 齋藤 匡章 著 書評 | マユ~。の読書中心の生活

ちょうどボイトレしようかな〜?と
思っていた所で読んだ本。

発声というのは、どうもテクニックだけでなく
性格的なものも関係しているような気がしてたんですが、
その辺りの事がビシッと書いてあって
すごく参考になりました!

あと、久しぶりに御手洗シリーズも読みましたよ。

読書メーターで感想も書いたんですが、サイトの調子が悪かったらしくて消えちゃったんですよね(^^;)

過去の御手洗青年が、さらに過去の事件を解決する話でややこしいんですがw
古き良きニューヨークの雰囲気がよかったです。


そして3月のイチオシはこれ、
『いつも「時間がない」あなたに:欠乏の行動経済学』。

これは「行動経済学」の本ですが、
人間がいかに「欠乏」によって
本来の能力を蝕まれているか、ということについて、警鐘を鳴らしています。

社会的な問題についての話が中心ですが、個人の生活にも参考になりましたよ!
これも書評を書く予定です。

あと、久しぶりの火村英生シリーズ
『狩人の悪夢』もよかったです。

。。。と、2・3月はこんな感じで。

少ないながらも、
かなり良い本を読めたと思います。

今後も、あんまり冊数は読めないと思いますが、
読書の習慣は無くさないつもりなので
このシリーズも続けていきますよ!

Posted from するぷろ for iOS.

Follow me!