アマチュアにとっての「文章力の向上」とは何か

ここしばらく、
昔趣味だった3DCG作りを復活させた関係で
以前自分が書いてたブログを読み返したりしたんですが。。。

びっくりするくらい、
文体が変わってない!(笑

正直、見に行く前は

「あの頃は文章書くの慣れてなかったから、
すごく下手な文章書いてるだろうな〜。
見に行くのヤだな〜。」

なんて思ってたのに。。。σ(^_^;

あれから5年
(最後の更新が2012年でした)、
このブログを始めてからは特に
毎日のように文章を書いているので、
かなり文章力上がったんじゃないかと密かに自負していたのに。。。

変わってないって事は、
「文章力」っていくら書いても上がらないの?と。
ちょっとガッカリしたり。

でもよく考えてみれば、
ほとんど変わらない仕上がりと言えども
これを書くのにかかる時間は
格段に短くなってるんですよね。

5年前には、一つ記事を書き上げるのにそれこそ2日がかり。

5時間くらいかかって下書きして、
一晩寝かせてw
翌日にさらに3時間くらいかけて
添削して、やっと更新してた感じ。

それが今は、同じくらいの記事なら
せいぜい1時間で書けるようになったんで、
そういう意味では進化はあった訳です。

まあ、
そもそも文体にこだわるような
物は書いてないんだし、
必要なのは文の構成力や
単語選び、文法を添削するための
国語力。

そういうものが上がるっていうのが
アマチュアにとっての
「文章力が上がる」ということなのかもしれないな、と。

まあ、つまり
5年でそれなりに進化したかも、ということで。
一応気が済んだ感じですか(笑

Posted from するぷろ for iOS.

Follow me!