「忍耐」というリソースを大事に使おうと思う

最近、くだらないことで我慢しない
ということを、心がけるようになりました。

結局、「忍耐力・自制心」というのも
量が限られているんですよね。

脳の働き、前頭葉の強さで
その量には個人差があるようですが。

たとえ少なくても、
必要な時にしっかり自制心を使えるようになるためには
普段から無駄遣いしなければ
いいんじゃないか、と。

わたしは「HSP」の自覚があるんですが、
この体質は
「周囲の変化に敏感なので、
多くの情報を取り込みすぎて
脳の処理がパンクしやすい」
という特徴がある。

それによって、
前頭葉の働きが鈍くなってしまって
問題を起こすんですよね。

そのせいで、ほかの人には
「我慢が足りない、根性がない」
と思われてしまう。

わたしも、
「自分は逆境に弱い、いざという時がんばれない」
人間だと、自分のことを考えていたんですが。

よく考えると
「限られた忍耐力や自制心を
無駄に消費しているせいもあるんじゃないか?」
と。

そもそも「HSP」の人というのは
基本的には遠慮深いんで、
日常的にわりとどうでもいいことで
我慢をしているんですよね。

トイレに行きたいなーと思っても
周りの状況をみて我慢したりとか、
エアコンが効きすぎてるなーと思っても
テレビの音がうるさいなーと思っても
他の人に気を使って
つい我慢してしまう。。。

でも、こういう些細な我慢も積み重なれば
どんどん「忍耐」というリソースを削っていくんですよね。

もしかするとそのせいで、
いざという時に必要になる
「大きな忍耐力、自制心」が
足りなくなってしまうんじゃないか?と。

だから、ただでさえ少ないリソースを
つまらないところで使わなければ、
意外と持つのかもしれないな?と思ったわけですよ。

もちろん、前頭葉を鍛えれば
「自制心」というリソース自体も
それなりに増えていくらしいですが。

まずは無駄遣いをやめる!

我慢しなくてもいいことで我慢しない!
トイレは行きたいときに行く!みたいなw

案外、大事じゃないかと思うわけです。

Posted from するぷろ for iOS.

Follow me!