買っちゃいました!『カシオ電子キーボード CTK-2550』【開封と本体仕様を紹介】

すっかりピアノが弾きたくなってしまった
マユ〜。(@mayuu_pp)です。

本格的なピアノはちょっとムリですが、
「電子キーボード」なら買えるかなー?と、
Amazonで物色してたんですが。

やっぱり「電子キーボード」も欲しいかも!だが機種で迷う。。。 | マユ~。の読書中心の生活

。。。ついに買ってしまいましたよ!

いろいろ悩んだ末、これを。
『カシオ電子キーボード CTK2550』!

カシオ電子キーボードCTK2550写真1

以前は、カシオの別の型番のが
本命だったんですけどねー。

やっぱり、最後の決め手は
「軽さ」
ですね。

これは本体3.3kgとかなり軽くて、
非力なアラフォーのわたしでも
ヒョイと持ち上げられるのが
良い!

カシオ電子キーボード梱包写真
↑かなり大きな箱で届きますが、
(iPhone6との比較)
そんなに重くないです。

わたしは机に上げたり下ろしたりして
使う時だけ出したいので
軽さはやっぱり譲れなかったですね〜。

カシオ電子キーボード開封写真2
↑中身はこんな感じ。

・キーボード本体
・説明書
・楽譜集
・ACアダプター
・楽譜立て

が入ってます。

カシオ電子キーボード開封写真3
↑本体固定用の発泡スチロールに
ACアダプターがくっついてました。

カシオ電子キーボード開封写真4
↑楽譜立てを付けたところ。
ワイヤー1本のシンプルな物です。

カシオ電子キーボード開封写真5
↑保証書は箱の側面に付いてるので、
捨てないように注意です。

カシオ電子キーボード本体写真
↑横幅がほぼ1m、
奥行きが30cmあるので
置く場所を選ぶと思いますが、

わたしの机は横1m×奥行き70cmなのでバッチリでした。

カシオ電子キーボード本体端子写真
↑こちらがキーボードに付いている接続端子。

右から
・ヘッドホン
・ACアダプター
・スマホ
・フットペダル
に接続用です。

これの注意点としては、
ヘッドホンの接続端子が
「ステレオ標準プラグ」
だというところ。

一般的なスマホやテレビに付ける
ヘッドホン・イヤホンは
「ステレオミニプラグ」
というやつなので、
そのままだと使えないんです。

なので、届いてすぐに
ヘッドホンで練習したい!という人は
「標準プラグ」のヘッドホンか
「ミニプラグ」を「標準プラグ」に変える変換プラグを用意しましょう!

ステレオ変換プラグ写真

↑わたしはこれも同時に注文しておきました!(500円弱)

カシオ電子キーボードイヤホン接続写真
↑これで、iPhoneに付いてきた
イヤホンも使えます!

カシオ電子キーボード電池ソケット写真
↑ACアダプターの他に
単3電池6本でも使えるので、
電源のない所でも演奏できますよ。
(約12時間)

。。。と、本体仕様はこんな感じで。

そしていよいよ、電源を入れて
弾いてみると。。。

カシオ電子キーボード鍵盤写真

期待以上に
「鍵盤を弾いてる感じ」が
ありますね。

指の力が要らない
ギリギリの弾き心地。
これは好きですね〜。

音もまあ、普通のピアノの音が
してるんじゃないでしょうか。
(わたしはピアノに親しんでこなかったので、音の良し悪しは語れません。。。(汗)

ただ、けっこう
「スカスカ・カタカタ」
みたいな打鍵音が出ますね。

自分で弾いてると気になりませんが、
演奏をそのままスマホで録音したりすると
カタカタ音が入っちゃう。。。

録音するなら、オーディオケーブルなどをつないでやった方が良いでしょうね。

そして、演奏の情報が出る液晶は↓
カシオ電子キーボード液晶写真

ポイントを押さえた内容で
レッスンにちゃんと役立ちそう!
(特に同時押しが多い左手パートは
どの鍵盤を押さえるかも
図で表示されてます!)

練習用の曲も60曲入ってるので
かなり練習し甲斐がありそう。

。。。と、まずはこんな感じで。

わたしはとにかく
「弾けるようになりたい!」
という練習用で買ったので、
大満足な製品でした。

これだけの物が12,000円ほどで
買えるんですから、
良い世の中になりましたよ。

これからバリバリ練習して、
具体的な感想も書いていこうと思ってますよ!

Posted from するぷろ for iOS.

Follow me!