言われてみれば、疲れだって「体質別」だよね!『寝てもとれない疲れをとる本』中根 一 著 感想

相変わらず、疲労回復のために邁進している
マユ〜。(@mayuu_pp)です。

それにしても、なかなか良くならない。。。

この本も、「疲れをとる」というタイトルに引き寄せられるように(笑
手に取ったんですが、
今までとちょっと違うアプローチ!

「疲労回復のための情報は溢れていますが、
効果があるかどうかはその人の体質によって変わります」

。。。言われてみれば、その通りじゃない!?

この本は、
鍼灸師である著者の中根さんが
東洋医学の観点から
「体質に合わせた」疲労回復法について解説したもの。

中根さんの鍼灸院では、体質を
「木」
「土」
「金属」
「水」
の4つに分けて考えることで、
体質にぴったり合ったアプローチをしているそうです。

さっそくわたしも本に載っている
「体質を知るためのチャート」を
やったところ、
わたしは「土」(おっとりマイペース型)タイプ。

これが、本当に思い当たることばっかり!

この体質は
「胃腸が弱く、むくみやすい」
ので、食事の摂り方に気を付ける事で
疲労回復できるんだそう!

まさか、昔からの胃弱が疲労と関係があったなんて!
目からウロコですよ。

でも、今まで自分が小食で
夕食が食べられないのが
疲労回復によくないのかも?と
気にしてたんですが、
やっぱり無理して食べなくて良かったのかーと
ちょっと気が楽になりました。

それに、「土」タイプは
甘い物を摂ることで疲れがとれると
あったのも心強いw

やっぱりねー、「食べたいもの」にも「食べたくない気持ち」にも
意味があるんですよね!

あと、東洋医学でよく用いられる
「舌チェック」も紹介されてるんですが、

これに
「(舌が膨張して)舌の縁に歯の跡が付いてギザギザしている」
というタイプがあって、

「こんな面白い舌があるのー?」
と笑いながら自分の舌をチェックしたら、バッチリ縁に歯型がついてたという。。。w

これは、水分の摂りすぎでむくんでいるせいなんだそうです。

「土」タイプは特に、水分の摂りすぎが良くないらしいので
これもギクッとしましたね。

わたしはどういうわけか喉が渇きやすいんで
常にお茶やコーヒーを手元に置いているんですが、
あれ、摂りすぎだったのか、と。

なんとなくマメに水分補給したほうが
体に良いみたいなイメージあったんですけど、
わたしの体質では逆効果だったんですねー。

ホント、何事も「個人差」ですよ。

何で今まで疲労に関しては
万人に共通だと思い込んでいたのか。

ちなみに
「木」(リーダー気質のハードワーク型)
は目や首に、

「金属」(空気をよく読むロマンチスト型)
は呼吸器や肌に、

「水」(愛され上手の要領よし型)
は足腰や耳に
疲れが出やすいそうですよ。

。。。と、こんな感じで。

それぞれの体質におすすめの疲労回復法、
食べ物やサプリなども紹介されてるので
疲労に悩む人には参考になると思いますよ。

わたしはとりあえず
水分の摂りすぎに気を付けるようにしようかな。

とっても読みやすいし
おすすめですよ!

Posted from するぷろ for iOS.

Follow me!